9月より上映会「シネマスタジオおけがわ」がスタートします!

    2017-09-01

    シネマスタジオおけがわ(HP

    彩の国さいたま芸術劇場、埼玉会館に続く、埼玉映画ネットワークによる上映会「シネマスタジオおけがわ」が埼玉県桶川市のさいたま文学館にてスタートします!2017年は彩の国さいたま芸術劇場での人気作品『人生フルーツ』『湯を沸かすほどの熱い愛』を文学館でも上映します。桶川市民をはじめとする地域住民の皆さま、ぜひお越し下さい!

     


     

    『人生フルーツ』(第1回)

    JF-main(HP用)

     

    【上映期間】(上映91分+予告編)

    9月29日(金) ①10:30 ②14:00
    9月30日(土) ①10:30 ②14:00
    10月1日(日) ①10:30 ②14:00

     

    【作品紹介】

    名古屋近郊のニュータウンの一隅にある平屋で暮らす建築家夫婦を追ったドキュメンタリー。自身が設計を任されたベッドタウン、高蔵寺ニュータウンに夫婦で50年間暮らす90歳の夫・修一さんと、敷地内の雑木林で育てた野菜や果物で得意の料理を手がける87歳の妻・英子さんの津端夫婦。敗戦から高度成長期を経て、現在に至るまでの津端夫婦の生活から、日本人があきらめてしまった本当の豊かさを見つめなおす。ナレーションを女優の樹木希林が担当。

    【スタッフ&キャスト】

    監督:伏原健之

    出演:津端修一、津端英子ほか

    ナレーション:樹木希林

    (2016年/日本/91分)

    (C)東海テレビ放送

     


     

    『湯を沸かすほどの熱い愛』(第2回)

    湯画像とロゴ

     

    【上映期間】(上映125分+予告編)

    12月15日(金) ①10:30 ②14:00
    12月16日(土) ①10:30 ②14:00

     

    【作品紹介】

    宮沢りえの「紙の月」以来となる映画主演作で、自主映画「チチを撮りに」で注目された中野量太監督の商業映画デビュー作。持ち前の明るさと強さで娘を育てている双葉が、突然の余命宣告を受けてしまう。双葉は残酷な現実を受け入れ、1年前に突然家出した夫を連れ帰り休業中の銭湯を再開させることや、気が優しすぎる娘を独り立ちさせることなど、4つの「絶対にやっておくべきこと」を実行していく。

    【スタッフ&キャスト】

    監督:中野量太

    出演:宮沢りえ、杉咲花、オダギリジョー、松坂桃李ほか

    (2016年/日本/125分)

    (C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員

     

    全作品共通【料金】大人1,000円、学生500円

    【会場】さいたま文学館 文学ホール(埼玉県桶川市若宮1-5-9)http://www.saitama-bungakukan.org/

    【主催】NPO法人埼玉映画ネットワーク

    【共催】公益財団法人けやき文化財団

2017年4月〜12月 埼玉県出身の女優・三宅邦子の特集上映を埼玉会館で開催!

    2017-05-08

    ????????2

    2017年4月にリニューアルオープンした埼玉会館にて、埼玉県出身の女優・三宅邦子に焦点を当てた特集上映「埼玉が生んだ女優 三宅邦子〜小津安二郎監督作品選〜」を2017年年間企画として行います。4月の『東京物語』を皮切りに、『晩春』『秋刀魚の味』など小津安二郎監督の珠玉の名作を6本上映いたします。「ひかえめながらしっかりした品のいい女性」を日本映画に残した三宅と、世界レベルで高い評価を受ける小津のコラボレーションをお楽しみください。

     

    『お早よう』

    「お早よう」③-(C)1958-松竹

    【上映日】(上映94分)

    10月5日(木) ①10:30 ②14:00

    10月6日(金) ①10:30 ②14:00

    【作品紹介】

    戦後の小津作品の中でもっとも軽妙でコミカルな作品。わんぱく盛りの兄弟が、まだ珍しかったテレビ欲しさに両親と喧嘩をし、巻き起こす騒動を描いた。三宅は兄弟の母親を演じている。

    【あらすじ】

    郊外の住宅地、長屋のように複数の家族が隣り合って暮らしている。林家は、啓太郎と妻の民子と、中学一年の実、次男の勇、それに民子の妹である有田節子の五人暮し。ここに啓太郎と民子が頭を痛める問題が起った。相撲が始まると子供たちが近所の丸山家のテレビにかじりついて勉強をしないのである。民子が実と勇を叱ると、子供たちは「そんならテレビを買ってくれ」と言う。啓太郎が「子供の癖に余計なことを言うな」と怒鳴ると子供たちは黙るどころか、反撃に出て正面衝突。ここに子供たちの沈黙戦術が始まった。

    出演:佐田啓二、久我美子、笠智衆ほか

    (1959年/カラー/94分)

    (C)1958 松竹株式会社

     

    『秋刀魚の味』

    「秋刀魚の味」③-(C)1962-松

    【上映日】(上映113分)

    12月21日(木) ①10:30 ②14:00

    12月22日(金) ①10:30 ②14:00

    【作品紹介】

    日本の家族の情景を丹念に描き上げてきた巨匠・小津安二郎の遺作。妻に先立たれた初老のサラリーマンと、婚期を迎える娘の心情を繊細に描いた父娘ものの名篇。ヒロインに抜擢された岩下志麻の快活さが小津作品に新鮮味を与えている。

    【あらすじ】

    妻に先立たれた平山周平には年頃の娘・路子がいる。路子に結婚はまだ早いと思っている平山は見合いを薦められても気乗りしない。そんなある日同窓会で中学時代の恩師・佐久間と再会。佐久間を家まで送った平山は、佐久間の世話に追われ婚期を逃した佐久間の娘を知る。酔いつぶれた老父を忌々しく眺める娘の姿に、平山は路子の結婚を真剣に考える。しかし路子は父親からの唐突な結婚話に怒ってしまう。

    出演:岩下志麻、笠智衆、佐田啓二ほか

    (1962年/カラー/113分)

    (C)1962 松竹株式会社

     

    全作品共通【料金】大人1,000円、学生500円【会場】埼玉会館 小ホール(埼玉県さいたま市浦和区高砂3-1-4)http://www.saf.or.jp/saitama/

メールアドレス変更のお知らせ

    2017-05-07

    使用していたメールが現在使用不可になってしまっているので、メールでのお問い合わせは以下までお願い致します。

    【前】saitamaeiganet@ybb.ne.jp

    【後】saitamaeiga@gmail.com

     

    ご迷惑をお掛けして誠に申し訳ありません。

    何卒お願い申し上げます。

2017年度入会ならびに会費について

    2016-04-06

    本ホームページに掲載されている会費ですが、以下のように変更となります。

    会員種類 入会金 年会費  内容 特典
    正会員(個人)※NPO社員 0円 5,000円 この法人の目的・事業に賛同して入会し、法人の事業を推進する個人又は団体 ・定期総会での議決権・ご招待券1枚・ご友人用ご招待券2枚※1年間有効
    正会員(団体)※NPO社員 0円 10,000円  この法人の目的・事業に賛同して入会し、法人の事業を推進する個人又は団体  ・定期総会での議決権・ご招待券5枚。※1年間有効
    賛助会員(個人) 0円 一口3,000円  この法人の目的・事業に賛同し、賛助の意志を持つ個人又は団体  無し
    賛助会員(団体) 0円 5口以上※一口3,000円  この法人の目的・事業に賛同し、賛助の意志を持つ個人又は団体  無し

    入会ならびに会費について、ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

    2017年5月1日現在

シネマスタジオ回数券の有効期限について

    2017-05-01

    本ホームページに掲載されているシネマスタジオ回数券の有効期限ですが、以下のように変更となります。

    【前】1年間

    【後】2年間

ワークショップ完成動画のお知らせ

4/7(金) 彩の国シネマスタジオ『砂の器』が埼玉会館で開催決定!

    2017-03-01

    「砂の器」⑥編集

    【上映日時】(上映143分)

    4月7日(金)
    ①10:30
    ②15:00※山口果林さんによるアフタートークあり

     

    【料金】大人1,000円、学生500円

    【会場】埼玉会館 小ホール(埼玉県さいたま市浦和区高砂3-1-4)http://www.saf.or.jp/saitama/

     

     

    アフタートーク!バナー

    15:00の回上映終了後に田所佐知子役の山口果林さんによるトークイベントを予定しております。

    山口果林(やまぐちかりん) 山口_e1
    1947年5月10日生まれ。1971年NHK朝のテレビ小説「繭子ひとり」のヒロインでデビューし、平均視聴率が50%を越える。その後、舞台・テレビと多方面で活躍中。2008年より「夏の会」として広島・長崎の原爆の悲劇を語り継ぐ朗読劇の活動にも力を入れている。

     

    【作品紹介】

    松本清張の原作を壮大なスケールで描く野村芳太郎監督による社会派サスペンス巨篇。事件の解明が日本の四季折々の風景と交響曲「宿命」の演奏を織り交ぜながら描かれ、逃れられない父子の宿命を観客の心情に訴えかけるクライマックスは圧巻。終盤のコンサートのシーンは埼玉会館で撮影が行われた。

    【あらすじ】

    ある日、操車場内で身元不明の男の死体が発見された。事件を担当した2人の刑事、今西と吉村は聞き込みの結果、事件前夜に被害者が一緒に酒を飲んでいた若い男の存在を知る。2人が話していた東北なまりの「カメダ」を手がかりに男を探すが、足取りは掴めないでいた。犯人は誰なのか? ようやく被害者の身元が分かり、捜査が動き出す。

    【スタッフ&キャスト】

    監督:野村芳太郎

    原作:松本清張

    脚本:橋本忍、山田洋次

    出演:丹波哲郎、加藤剛、森田健作、島田陽子、山口果林ほか

    (1974年/日本/143分)

     

    (C)1974 松竹株式会社/橋本プロダクション

チラシ日程誤りのお詫び

    2017-02-14

    2017年2月〜5月の「彩の国シネマスタジオ」チラシに日程の誤りがありました。

     

    【誤】4月13日(木)~17日(日)『イングリッド・バーグマン〜愛に生きた女優〜』

    【正】4月13日(木)~16日(日)『イングリッド・バーグマン〜愛に生きた女優〜』

     

    お客様にご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫びいたしますとともに、上記のとおり訂正させていただきます。

チラシ日程誤りのお詫び

    2017-01-05

    2017年1月シネマスタジオチラシ表紙で、曜日に関しての誤りがありました。

     

    【誤】1月19日(木)~22日(月)『愛と哀しみのボレロ』

    【正】1月19日(木)~22日(日)『愛と哀しみのボレロ』

     

    お客様にご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫びいたしますとともに、下記のとおり訂正させていただきます。

11/3(木・祝)『劇場版 パペット・アニメーション ムーミン谷の彗星』上映!アニメ制作ワークショップも!

    2016-10-04

    埼玉映画ネットワークによる親子向けワークショップ第3弾!今回は『劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション』上映会と、コマ撮りアニメをつくるワークショップを行います!ぜひ、ご家族で、お友達同士でご来場ください!

    moomin_suisei_sub1

    【あらすじ】
    地球に彗星が接近する兆候が現れ、不安に怯えるムーミントロールとスニフは、彗星について調べるため、おさびし山にある天文台に向かう。旅の途中で出会ったスナフキンを加えた一行は、数々の危険を乗り越えて天文台にたどり着くが、そこで彗星があと4日と4時間44分でやってくることがわかる。そのことをムーミンパパやママに知らせるため、ムーミントロールたちは再びムーミン谷を目指す。(2010年/フィンランド・ポーランド・オーストリア/75分)

    【ワークショップ】(中学生以下の方のみ・各回先着20名様まで)
    パペット・アニメーションではどうして人形たちが動くのか?コマ撮りアニメの仕組みを学び、実際にアニメ作りに挑戦していただきます。

    日時 2016年11月3日(木・祝) ①10:30〜 ②14:00〜
    会場 彩の国さいたま芸術劇場 映像ホール(http://www.saf.or.jp/arthall/
    料金 ■中学生以下 500円■高校生以上 1,000円
    方法 ■当日受付のみ■全席自由席■各回入替制■中学生以下の方はワークショップにご参加可能(各回先着20名様まで)

    主催:特定非営利活動法人埼玉映画ネットワーク

    提携:彩の国さいたま芸術劇場、協力:シネマテークたかさき、

    後援:埼玉県教育委員会・さいたま市教育委員会

    moomin_suisei_sub2

     

12月3日〜4日 桶川の街で映画をみよう!シネマアンサンブル『妻への家路』(さいたま文学館)

    お待たせいたしました!9月の『ベトナムの風に吹かれて』に続き、12月に桶川のさいたま文学館で上映会を行います。中国の巨匠チャン・イーモウによる傑作をぜひご堪能ください。

    シネマアンサンブル『妻への家路』
    前略、君の元へ帰ります。何度でも。
    sub3_large 『初恋のきた道』、高倉健を主演に迎えた『単騎、千里を走る。』といった名作を生み出してきた中国の巨匠チャン・イーモウが、女優コン・リーとタッグを組んだヒューマンドラマ。記憶障害で夫を他人だと思い込む妻と、そんな妻に寄り添い続ける夫の愛情を描いた。
    sub4_large 1977年、文化大革命が終結し、収容所から解放されたルー・イエンチーは、妻のフォン・ワンイーと再会する。しかし、夫を待ちわびるあまり、その心労から記憶障害となっていたワンイーは、イエンチーを夫だと認識することができなかった。イエンチーは、いつか妻の記憶が戻ることを信じて、他人として向かいの家に住み始める。
    sub2_large-1  監督:チャン・イーモウ
    出演:コン・リー、チェン・ダオミン、チャン・ホエウェンほか
    オフィシャルサイト:http://cominghome.gaga.ne.jp/
    (2014年/中国/110分)
    (C) 2014, Le Vision Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved

     

     

    日にち:2016年12月3日(土)〜2016年12月4日(日)

    時間:①10:00〜 ②14:00〜

    会場:さいたま文学館 文学ホール(埼玉県桶川市若宮1-5-9)http://www.saitama-bungakukan.org/

    ○当日券のみ

    ○全席自由

    ○各回入替制

    ○10:00の回の受付は当日9:00より行います。

    ○14:00の回の受付は当日10:00より行います。

    主催:特定非営利活動法人埼玉映画ネットワーク

    共催:コミュニティシネマおけがわ、公益財団法人けやき文化財団

9月2日〜3日 桶川の街で映画をみよう!シネマアンサンブル『ベトナムの風に吹かれて』(さいたま文学館)

    2016-08-02

    7月のシネマスタジオで上映し、ご好評いただいた傑作『ベトナムの風に吹かれて』を9月に桶川で上映いたします。桶川での上映は2月の『繕い裁つ人』以来となります。この機会にぜひ足をお運びください。

     

    シネマアンサンブル『ベトナムの風に吹かれて』
    若き日に憧れていたあの国で 今、母と生きていく
    main1

    ベトナムで日本語教師として働く日本人女性・小松みゆき氏が認知症の母との暮らしをつづった「越後のBaちゃんベトナムへ行く」を、フィクションを交えながら松坂慶子主演で映画化した人間ドラマ。母役に『Shall We ダンス?』の草村礼子。『ヒポクラテスたち』の大森一樹が監督を務めた。

    sub2 日本で離婚した後に憧れの地ベトナムへ移住し、日本語教師として働いているみさおは、認知症が進行しはじめた母を義兄が施設に預けようとしていることを知り、母をベトナムに連れて来ることを決意する。母は慣れない土地での生活に戸惑いながらも、ベトナムの人々の温かさに触れるうちに少しずつ笑顔を取り戻していく。そんなある日、母が思わぬケガを負ったことをきっかけに、みさおは介護の現実に直面する。
    監督:大森一樹
    sub3 出演:松坂慶子、草村礼子、奥田瑛二、チャン・ニュオン、グエン・ラン・フーン、チャン・ハインほか
    オフィシャルサイト:http://vietnamnokaze.com/
    (2015年/日本・ベトナム/114分)
    ©「ベトナムの風に吹かれて」製作委員会

     

    日にち:2016年9月2日(金)〜2016年9月3日(土)

    時間:①10:00〜 ②14:00〜

    料金:大人1,000円、学生500円

    会場:さいたま文学館 文学ホール(埼玉県桶川市若宮1-5-9)

    http://www.saitama-bungakukan.org/

     

    観賞方法

    ○当日現金支払いのみ

    ○全席自由

    ○各回入替制

    ○10:00の回の受付は当日9:00より行います。

    ○14:00の回の受付は当日10:00より行います。

     

    主催:特定非営利活動法人埼玉映画ネットワーク

    共催:コミュニティシネマおけがわ、公益財団法人けやき文化財団

彩の国シネマスタジオ アフタートークのご案内

    2016-05-20

    今後の彩の国シネマスタジオでのアフタートークのご案内

     

    1)『ハンナ・アーレント』

    登壇者:芝健介様(東京女子大学名誉教授、ドイツ近現代史)

    ・日時:8月19日(金)14時の回終了後

    テーマ:『ハンナ=アーレント』・「アイヒマン裁判」・「ホロコースト」と現在

    登壇者:渋谷哲也様(東京国際大学准教授、ドイツ映画研究)

    ・日時:8月21日(日)14時の回終了後

    テーマ:「ナチスの負の遺産との対峙 ― ドイツの社会派映画を考える」

     

    2)『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』

    登壇者:岡田誠一様(埼玉大学名誉教授 専門分野:アメリカ黒人の文学、文化等)

    ・日時:9月11日(日)午後の回終了後

    テーマ:「ニューヨークと映画」

彩の国シネマスタジオ バリアフリー上映のご案内

    視覚障がい者の方や目の不自由な方のための音声ガイドになります。

    各回ともに、イヤホン付FMラジオ受信機をお持ちください。

    体験をしてみたいという方には、会場でFM受信機をお貸ししております(数台限定)。

     

    1)『ベトナムの風に吹かれて』

    ・日時:7/7(木)11:00の回

    ガイド制作:バリアフリー活弁士の檀鼓太郎様による生ガイド

     

    2)『ハンナ・アーレント』

    ・日時:8/18(木)11:00の回

    ガイド制作:シティライツ

蜷川幸雄様の訃報にさいしまして

    私どもが上映の拠点としてお世話になっている彩の国さいたま芸術劇場の芸術監督で、演出家の蜷川幸雄様が今月5月12日にご逝去されました。

    心よりご冥福をお祈り致します。

     

    平成28年5月20日

    特定非営利活動法人埼玉映画ネットワーク

【当日参加も可】 “映画にふれる”親子向けワークショップ開催のお知らせ(第2回)

    2016-06-08

    夏休み親子工作ワークショップ

    「スマホヤジロベエをつくろう」

    昨年11月に実施し、好評を博した親子向けの“映画にふれる”ワークショップが、今夏に内容も一新して、カムバック!!

    今回は、スマートフォンと手作りのカメラスタビライザー(カメラのブレや振動をおさえる機材)で映画を撮影して、最後はみんなで鑑賞会を行います!

    ●料金:2,000円(1個作成につき)※材料費込み

    ●会場:彩の国さいたま芸術劇場 映像ホール

    ●日程:2016年8月7日(日)

    ●回数:10:30の回/14:00の回

    ※詳しくは以下のページをご覧ください。

    http://saitamaeiga.campany.net/point/

    協力:シネマテークたかさき

4月『アドバンスト・スタイル』3回目の開始時間の誤りのお詫びに関してまして

    2016-03-26

    4/7(木)~4/9(土)の『アドバンスト・スタイル そのファッションが人生』のタイムテーブルに誤りがありました。

    度々の修正に関してまして、心よりお詫び申し上げます。

     

    『アドバンスト・スタイル そのファッションが人生』

    【誤】4/7(木)~4/9(土)17:00~18:25

    【正】4/7(木)~4/9(土)17:30~18:55

    http://saitamaeiga.campany.net/point/

3/20(日)『ニュー・シネマ・パラダイス』開始時間の誤りのお詫びに関してまして

    2016-03-11

    3/20(日)の午後の『ニュー・シネマ・パラダイス』のタイムテーブルに誤りがありました。

    度々の修正に関してまして、心よりお詫び申し上げます。

     

    『ニュー・シネマ・パラダイス(劇場公開版』+『ASAHIZA 人間は、どこへ行く』

    【誤】3/20(日)14:30~『ニュー・シネマ・パラダイス』

    【正】3/20(日)15:00~『ニュー・シネマ・パラダイス』

    http://saitamaeiga.campany.net/point/

2/25・26 コミュニティシネマおけがわ~桶川の街で映画をみよう~ シネマアンサンブル『繕い裁つ人』(さいたま文学館)

    2016-02-16

    日にち:2016年2月25日(木)〜2016年2月26日(金)

    時 間:①10:00〜 ②14:00〜

    料 金:大人1,000円、学生500円

    ○当日現金支払いのみ
    ○全席自由
    ○各回入替制
    ○それぞれ上映30分前から開場いたします。
    ○午後の整理券は午前10時から配布いたします。

    会 場:さいたま文学館 文学ホール(埼玉県桶川市若宮1-5-9)

    主 催:特定非営利活動法人埼玉映画ネットワーク
    共 催:コミュニティシネマおけがわ、公益財団法人けやき文化財団

     

2/11(火・祝) 第5回アマチュア映像コンテスト 彩の国映画甲子園 本選(SKIPシティ映像ホール)

    2016-02-08

    日 時:2016年2月11日(火・祝)13時~18時(予定)

    場 所:場所:SKIPシテイ彩の国ビジュアルプラザ 4階映像ホール(川口市上青木3-12-63)

       JR京浜東北線「川口」駅からバスで15分

    入場料:無料

    作品数:9作品+特別上映2作品

     審査委員長:大林千茱萸様(映画家・料理家)

     

    詳しくは以下をご覧ください。

    http://eiga-koshien.com/

12/26(土) 第5回アマチュア映像コンテスト 彩の国映画甲子園 予選会(彩の国さいたま芸術劇場)

    2015-12-15

    日 時:2015年12月26日(土)13時~16時(予定)

    場 所:彩の国さいたま芸術劇場 映像ホール(さいたま市中央区上峰3-15-1)

       JR埼京線「与野本町」駅西口徒歩7分

    入場料:無料

    作品数:15作品

     

    詳しくは以下をご覧ください。

    http://eiga-koshien.com/

フィルムであそぼう!「彩の国こどもシネマスタジオ」11月3日文化の日に開催!シネカリグラフィワークショップ&『未来少年コナン』(16mmフィルム)上映

    2015-10-01

     

    シネカリグラフィー8_150926

    昨年、「彩の国さいたま芸術劇場オープンシアター~開館20周年記念感謝祭~」内で好評を博した「映写機ワークショップ&上映会が、彩の国こどもシネマスタジオ」として帰ってきます!

    シネカリグラフィー15_150926

    今回は、フィルムに傷や色をつけて映す“シネカリグラフィ”のワークショップを行います。“シネカリグラフィ”とは、フィルムにペンで色や傷をつけて、映像を生みだす表現技法のこと。それはまるでフィルムをキャンバスにした、光と影のお絵描き!

    19 未来少年コナン

    © NIPPON ANIMATION CO., LTD.

    また16ミリの映写機を使ったフィルム上映では、宮崎駿が初監督を務めたアニメーション『未来少年コナン』を上映いたします。16ミリでの上映を特別に許可された貴重なチャンスです。

    映像の仕組みを自分の手でさわって学べる体験型「シネマスタジオ」です。

    日時

    2015年11月3日(火・祝)

    ①10:30~/②14:30~

    ※各回約2時間15分(予定)

    内容(予定)

    映画上映のおはなし(約30分)

    /アニメーション『未来少年コナン』上映

    (1978年/第1話『のこされ島』/約30分/16mmフィルム)

    ~休憩~

    /シネカリグラフィ・ワークショップ(約60分)

    ※希望者(小中学生)はシネカリグラフィ・ワークショップへの参加が可能です(事前申込制)。ワークショップの見学は申込不要です。

     料金

    小学生以上:1,000円

    未就学児:500円(要保護者付添)

    ※ワークショップの参加・見学も含まれています。

    ※当日支払い/全席自由/各回入替制

     シネカリグラフィ・ワークショップへの参加方法と内容  [対象] 小・中学生[内容]フィルムにペンで色や傷をつけて、それをつなげて、最後に上映をします。ワークショップ終了後には、ワークショップ参加者に作成したフィルムをプレゼントいたします。[定員] 各回約30名※定員になり次第締め切らせて頂きます。[参加方法] 事前のご予約が必要です。(応募〆切:10/31(土)
    下記事項をすべてご記入の上、メールにてお送りください。
    (1)ご希望の回(2)お名前(ふりがな)(3)学年(4)付き添い(保護者)の方の人数(ご見学される付き添いの方の料金もお支払いいただきます/小学生~一般)(5)携帯電話番号(緊急時、ご連絡がとれる電話番号)

    [申込先] こどもシネマスタジオ係   saitamaeiganet@ybb.ne.jp

     場所  彩の国さいたま芸術劇場 映像ホールhttp://saf.or.jp/arthall/

     

    ●主催:特定非営利活動法人埼玉映画ネットワーク

    ●提携:彩の国さいたま芸術劇場

    ●後援:埼玉県教育委員会、さいたま市教育委員会

     

第5回アマチュア映像コンテスト 彩の国映画甲子園 開催決定!

彩の国シネマスタジオ第149回『砂の器』トークイベント出演者変更のお知らせ(2015年7月31日現在)

    2015-07-31

    先日、2015年8月29日(土)に行われる第149回彩の国シネマスタジオ『砂の器』のトークイベント出演者の変更をお伝えしましたが、再度、変更がありましたのでご連絡させていただきます。

    登壇者は『砂の器』助監督(チーフ)の熊谷勲さんのみとなりました。

    重ねての変更で誠に申し訳ありません。熊谷さんのお話をお楽しみください。

彩の国シネマスタジオ第149回『砂の器』トークイベント出演者変更のお知らせ(2015年7月28日現在)

    2015-07-28

    2015年8月29日(土)に行われる第149回彩の国シネマスタジオ『砂の器』のトークイベント出演者が登壇者の都合により変更となりました。

    出演者を助監督(セカンド)の大嶺俊順さんから、助監督(チーフ)の熊谷勲さんと日本大学芸術学部映画学科教授の田島良一さんへ変更させていただきます。

    大嶺さんによるトークイベントを楽しみにされていた皆様に深くお詫び申し上げます。

    熊谷さんと田島さんによるお話をお楽しみいただけましたら幸いです。

第2回蕨市民会館映画祭『かぐや姫の物語』+高畑勲監督トーク

    埼玉映画ネットワークが協力をさせていただいている『第2回蕨市民会館映画祭』が8月に行われます。

    高畑勲監督によるアフタートークも行われますので、ぜひご来場ください。

     

    開催日時

    平成27年8月22日(土)

    開場:13:00 開演:13:30 トーク:16:10

     

    会場

    蕨市民会館コンクレレホール

     

    チケット

    前売り1,000円 当日券1,200円 高校生以下800円 全席自由

    《高校生以下は、前売り券も当日券も同額です》

    《幼児でも座席をお使いになる場合は有料です》

    《前売りで完売の場合、当日券はありません》

     

    お問い合わせ

    蕨市民会館 048-445-7660

     

    詳細は以下をご覧ください。

    http://warabi-fmpc.or.jp/event/event-wch/entry_3243/

     

     

第5回シネマアンサンブルのタイムテーブル誤表記について

    2015-03-19

    3月19日(木)~22日(日)の桶川マインで上映会『息子』『もういちど』のタイムテーブルに誤りがありました。

    ご迷惑をお掛けしまして、誠に申し訳ありませんでした。

    以下が、正しいタイムテーブルになります。

    『もういちど』

    ①11:40~13:15 ②15:25~17:00 ③18:00~19:35

    『息子』

    ①10:30~12:35 ②14:15~16:20 ③なし

2014年度彩の国映画甲子園について

    2014-09-18

    昨年度も好評を頂いたアマチュア映像コンテスト「彩の国映画甲子園」ですが、新たなステップを目指すために今年度は見送ることとなりました。

    応募を楽しみにされていた方々には誠に申し訳がありませんが、ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

     

    映像を活用した地域振興検討会・NPO法人埼玉映画ネットワーク事務局

蕨市民会館映画祭『小さいおうち』+山田洋次監督トーク

    2014-05-21

    埼玉映画ネットワークが協力で入っています『蕨市民会館映画祭』が7月に行われます。

    なんとゲストには、あの山田洋次監督!

    日程は、7月5日(土)になります。

    詳しくは、以下をご覧ください。

    http://warabi-fmpc.or.jp/event/event-wch/entry_2399/

     

彩の国シネマスタジオ第132回~第134回と彩の国シネマスタジオについての情報を更新しました。

彩の国シネマスタジオ第131回の上映情報を更新しました。

彩の国シネマスタジオ第130回の上映情報を更新しました。

第4回彩の国映画甲子園受賞作品視聴の御案内

彩の国シネマスタジオ第126回~第129回の上映情報を更新しました。

『映像研修会』受講生現在募集中(応募締切:12月10日)。詳細ご希望の方はお問い合わせ下さい。

    2013-11-20

    映 像 研 修 会 募 集 要 項

    開催要旨

    映像をつくるうえで必要な知識を3回にわたって映像のプロから学ぶ研修会です。

     

    内容

    映像づくりに興味のある初心者から、作品を手掛けている中級者を対象にワークショップ形式を取り入れながらの全3回の映像講座です。講座一回につき受講料として500円。

    会場・開催日

    1)川越会場 川越スカラ座 平成25年12月17日(火) 時間14時~16時

    講師:尚美学園大学芸術情報学部教授 鈴木常恭さん

    映像表現とその方法

    〇ドラマとドキュメンタリー

    〇制作方法とその流れ

    〇編集点を見つける

    2)さいたま会場 さいたま芸術劇場 平成25年12月22日(日)時間14時~16時

    講師:TVカメラマン 近藤稔さん

    撮影テクニックを知る

    〇アングルを見つける

    〇サイズの決め方

    〇効果的な明りの使い方

    ) 深谷会場 深谷シネマ平成25年12月24日(火)

    講師:プロデューサー・ディレクタージャーナリスト 麻生晴一郎さん

    映像づくりと言葉

    〇構想を立てる

    〇取材を行う

    〇ナレーションの文を考える

    講師プロフィール

    鈴木常恭・・尚美学園大学大学院教授・専門は映像表現法

    近藤稔・・TVカメラマンとして活躍中。子供たちに映像の作り方をボランティアで教えている。

    麻生晴一郎・・TVドキュメンタリー作家。プロデューサー・ジャーナリストとしての顔を持つ。

     

    募集人員:各会場ともに20名(定員になり次第締切り)

    募集期間  平成25年8月~12月10日(火)

    応募申込     受講料500円は当日会場にて申し受け致します。

    住所・氏名・年齢・職業・制作歴・会場名をお書きの上、メールかFAXで下記までお送りください。

      〒330-0063さいたま市浦和区高砂2-3-10黒澤ビル3F 日本機関紙協会埼玉県本部内

                 NPO法人埼玉映画ネットワーク内  開催事務局           担当 杉本

          電話・FAX 048-762-9407   e-mail: saitamaeiganet@ybb.ne.jp 

            http://saitamaeiganet.sakura.ne.jp/koshien

    この事業は「埼玉県文化振興基金助成事業」として実施しています。

『彩の国映画甲子園』エントリー現在募集中(応募締切:10月31日)。詳細ご希望の方はお問い合わせ下さい。

    2013-10-10

    【お問い合わせ】http://saitamaeiga.campany.net/contact/

    本年は、映像制作を学ぶ『映像研修会』も同日に行います。こちらは、メールかFAXにて受け付けております。

彩の国シネマスタジオ第120回~第125回の上映情報を更新しました。

「まちの映画館 映画塾 in 桶川」の情報を追加しました。

彩の国シネマスタジオ第119回~第125回の上映情報を更新しました。

「彩の国シネマスタジオ」7月の上映作品を更新しました

    2013-04-25

    7月は『ミッドナイト・イン・パリ』を上映いたします。

    2013年7月12日(金) 10:30/13:10/15:50/18:30

    7/13(土) 10:30/13:10/15:50/18:30

    7/14(日) 10:30/13:10/15:50/18:30

    7/15(月・祝) 10:30/13:10/15:50

    詳細はこちらをご覧ください。

    http://saitamaeiga.campany.net/point/

「彩の国シネマスタジオ」4月~6月の上映作品を更新しました

    2013-03-18

    4月~6月の上映作品は以下の通りです。

    ・4月 『拝啓、愛しています』

    12日(金)10:30/13:30/16:30/19:30

    13日(土)10:30/13:30/16:30

    14日(日)10:30/13:30/16:30

    ・5月 『The Lady アウンサンスーチー 引き裂かれた愛』

    10日(金)10:30/14:30/18:30

    11日(土)10:30/14:00/17:30

    12日(日)10:30/14:00/17:30

    ・6月 『天地明察』

    14日(金)11:00※/14:30/18:30 (11:00の回は音声ガイドあり)

    15日(土)10:30/14:00/17:30

    16日(日)10:30/14:00/17:30

    詳細はこちらをご覧ください。

    http://saitamaeiga.campany.net/point/

3/5『海と大陸』試写会に行ってきました。

第112回彩の国シネマスタジオ『バレエに生きる~パリ・オペラ座のふたり~』終了しました。

「彩の国シネマスタジオ」8月までのスケジュールを更新しました

『別離』 多くの方にお越し頂きました!

    2013-01-27

    イラン映画『別離』、1/25(金)~27(日)、上映いたしました。

    30部あったパンフレットも完売しました。ありがとうございます。

    次回の「彩の国シネマスタジオ」は、『バレエに生きる~パリ・オペラ座のふたり~』です。

    上映日は2/8(金)~11(月・祝)と初めての4日間上映です。

    多くの皆さまのお越しをお待ちしております。

1/25(金)~27(日)、『別離』を上映します

    2013-01-24

    はじまりは、愛するものを守るための些細な”嘘”だった―

    1/25(金)~27(日) 『別離』を上映いたします。

    アカデミー外国語映画賞受賞!
    映画史上稀にみる緊迫の2時間――、その結末に、世界が心を震わせた。
    世界中の観客を魅了した、人間ドラマの最高傑作!!
    離婚の危機を迎える夫婦、つなぎとめようとする娘、そして、彼らの問題に巻き込まれていくもう一つの家族。すべては愛する人のために、守るべきもののために――。それぞれが抱える“秘密や嘘”、胸の奥にしまわれた“真実”が複雑に絡み合い、彼らの人生を翻弄していく――。
    夫婦の離婚問題から、介護や格差社会の問題、信仰や倫理に関わる立場の相違、果ては司法の在り方までを浮き彫りにする本作は、映画の舞台であるイランのみならず、どこにでも起こりうる物語として、現代社会に生きる私たちすべての心を大きく揺さぶります。

     

    上映インフォメーション

    上映日時:

    2013年1月 25日(金) 10:30/14:30/18:30
    26日(土) 10:30/14:30/18:30
    27日(日) 10:30/14:00/17:30
    26日(土)14:30上映回終了後、映画プロデューサー・市山尚三氏によるアフタートークがあります。

    (2011年/イラン/123分)

    会場:彩の国さいたま芸術劇場 映像ホール

    製作・監督・脚本:アスガー・ファルハディ

    出演:レイラ・ハタミ、ペイマン・モアディ ほか

    主催:特定非営利活動法人埼玉映画ネットワーク

    提携:彩の国さいたま芸術劇場

    後援:埼玉県教育委員会、さいたま市教育委員会

    チケットインフォメーション

    大人1,000円/小中高生800円
    ※前売りはございませんのでご了承ください。

「彩の国シネマスタジオ」 5月までのスケジュールを更新しました

    「彩の国シネマスタジオ」 5月までのスケジュールです。

    1/25(金)~27(日) 『別離』

    2/8(金)~11(祝) 『バレエに生きる~パリ・オペラ座のふたり~』

    3/8(金)~10(日)

    『フタバから遠く離れて Nuclear Nation』 『鬼に訊け -宮大工 西岡常一の遺言-』 『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人』

    4/12(金)~14(日) 『拝啓、愛しています』

    5/10(金)~12(日) 『The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛』

    詳細はこちらをご覧ください。

    http://saitamaeiga.campany.net/point/