埼玉会館での4月の上映作品は『シェルブールの雨傘』!

    2018-02-18

    シネマスタジオ埼玉会館

    1月の『日の名残り』『山猫』もご好評いただいた埼玉会館にて、引き続き彩の国シネマスタジオを開催してまいります。彩の国さいたま芸術劇場、さいたま文学館とあわせて上映会をお楽しみください。

     

    『シェルブールの雨傘』(第204回)

    シェルブール メイン(編集

    photo(C)Agnes Varda

     

    【上映期間】(上映91分)

    4月23日(月) ①10:30 ②14:00
    4月24日(火) ①10:30 ②14:00


    【作品紹介】

    カトリーヌ・ドヌーヴ主演&ジャック・ドゥミ監督による、ミュージカル映画、悲恋映画の傑作としていまなお映画史に燦然と輝き続ける不朽の名作。すべてのセリフを歌で表現した画期的なミュージカルであり、悲恋を歌ったテーマ曲「シェルブールの雨傘」は大ヒットして各国語で歌い継がれ、ドヌーヴのファッションや、色とりどりの傘が印象的な映像はさまざまなジャンルの作品に引用されている。音楽は、同じくドヌーヴ主演&ドゥミ監督の『ロシュフォールの恋人たち』も手がけたミシェル・ルグランが担当。

    HP用画像

    (C)Cine-Tamaris

    【あらすじ】

    フランス北西部の港町シェルブールに暮らす17歳のジュヌヴィエーヴと自動車整備工の20歳のギイは恋人同士。傘店を営むジュヌヴィエーヴの母には交際を快く思われていないが、二人は密かに愛を育み、ギイが戦地アルジェリアに送られることが決まると再会を誓い合う。だが無情にも運命はすれ違い、二人はそれぞれの道を歩き出す……。

    【スタッフ&キャスト】

    監督・脚本:ジャック・ドゥミ

    音楽:ミシェル・ルグラン

    出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ニーノ・カステルヌオーヴォ、アンヌ・ヴェルノンほか

    (1964年/フランス/91分)