2018年も引き続き埼玉会館でシネマスタジオを開催!

    2017-11-29

    2017年4月にリニューアルオープンし、特集上映「埼玉が生んだ女優 三宅邦子〜小津安二郎監督作品選〜」もご好評いただいた埼玉会館にて、2018年も彩の国シネマスタジオを引き続き行ってまいります。彩の国さいたま芸術劇場、さいたま文学館とあわせて上映会をお楽しみください。

     

    『日の名残り』(第197回)

    日の名残り_メイン(HP用)


    【上映期間】
    (上映134分)

    1月11日(木) ①10:30 ②14:30
    1月12日(金) ①10:30 ②14:30

     

    【作品紹介】

    2017年度ノーベル文学賞受賞のカズオ・イシグロのベストセラー小説を、『眺めのいい部屋』のジェームズ・アイヴォリー監督が1993年に映像化した珠玉の名作。英国の名門家に一生を捧げてきた老執事が自身の半生を回想し、職務に忠実なあまり断ち切ってしまった愛を確かめるさまを描いた人間ドラマ。第66回アカデミー賞で作品賞、主演男優賞、主演女優賞など8部門にノミネートされた。

    【あらすじ】

    1958年。ダーリントン邸の老執事スティーブンスのもとに、以前共に屋敷で働いていた女性ミス・ケントンから一通の手紙が届く。懐かしさに駆られる彼の胸に20年前の思い出が蘇る。当時、主人に対して常に忠実なスティーブンスと勝気なケントンは仕事上の対立を繰り返していた。二人には互いへの思慕の情が少しずつ芽生えていたが、仕事を最優先するスティーブンスがそれに気づくはずもなかった。そんな中、ケントンに結婚話が持ち上がり、スティーブンスは激しく動揺するが…。

    【スタッフ&キャスト】

    監督:ジェームズ・アイヴォリー

    原作:カズオ・イシグロ

    出演:アンソニー・ホプキンス、エマ・トンプソン、ジェームズ・フォックスほか

    (1993年/イギリス/134分)

     

    c1993 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

    【上映会後援】埼玉県教育委員会、さいたま市教育委員会