12月3日〜4日 桶川の街で映画をみよう!シネマアンサンブル『妻への家路』(さいたま文学館)

    2016-10-04

    お待たせいたしました!9月の『ベトナムの風に吹かれて』に続き、12月に桶川のさいたま文学館で上映会を行います。中国の巨匠チャン・イーモウによる傑作をぜひご堪能ください。

    シネマアンサンブル『妻への家路』
    前略、君の元へ帰ります。何度でも。
    sub3_large 『初恋のきた道』、高倉健を主演に迎えた『単騎、千里を走る。』といった名作を生み出してきた中国の巨匠チャン・イーモウが、女優コン・リーとタッグを組んだヒューマンドラマ。記憶障害で夫を他人だと思い込む妻と、そんな妻に寄り添い続ける夫の愛情を描いた。
    sub4_large 1977年、文化大革命が終結し、収容所から解放されたルー・イエンチーは、妻のフォン・ワンイーと再会する。しかし、夫を待ちわびるあまり、その心労から記憶障害となっていたワンイーは、イエンチーを夫だと認識することができなかった。イエンチーは、いつか妻の記憶が戻ることを信じて、他人として向かいの家に住み始める。
    sub2_large-1  監督:チャン・イーモウ
    出演:コン・リー、チェン・ダオミン、チャン・ホエウェンほか
    オフィシャルサイト:http://cominghome.gaga.ne.jp/
    (2014年/中国/110分)
    (C) 2014, Le Vision Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved

     

     

    日にち:2016年12月3日(土)〜2016年12月4日(日)

    時間:①10:00〜 ②14:00〜

    会場:さいたま文学館 文学ホール(埼玉県桶川市若宮1-5-9)http://www.saitama-bungakukan.org/

    ○当日券のみ

    ○全席自由

    ○各回入替制

    ○10:00の回の受付は当日9:00より行います。

    ○14:00の回の受付は当日10:00より行います。

    主催:特定非営利活動法人埼玉映画ネットワーク

    共催:コミュニティシネマおけがわ、公益財団法人けやき文化財団